ホーム ライブラリー レターズ ピクチャーズ ufo 掲示板 お問い合わせ リンク

GA Site -UFO Contactee-

bbs

過去更新記事

 ├ 2006年度
 ├ 2005年度
 ├ 2004年度
 ├ 2003年度

最新更新記事

サイト内検索



GA Site内を

新アダムスキー全集

 ├ 写 真
中央アート出版社
TEL : 03-3561-7017
E-mail :info@chuoart.co.jp
spase
GA Site BBS

 

題名:
名前: (*必須)
Mail:
URL:
Password: (必須) Use Cookie:
Message:



[1960] クラリオン星からの伝言
  「クラリオン星からの伝言」マオリツオ・カヴァーロロ著(徳間書店)は含蓄に富んでいたので一部紹介します。
カバーロ:周波数の低いどうしようもない人は無になります。中間位の人は要するに落第生と一緒で、もう一度やり直すために他に行って、歴史以前のずっと前からやりはじめて、いろいろなことをやります。つまり、補修を受ける訳です。・・それから地球には、地球のアセンションを助けるという義務を抱えて宇宙から来ている人たちもいます。・・彼らも元に戻っていきます。人間の中で、とても周波数の高い、高次元に入れる人たちも、宇宙人と一緒に飛び立つのえす。・・
  [2017/09/21/16:26]
児島 由美| |


[1959] メリセア星人のメッセージ
  ☆良心に沿って生ききること。
☆自らは愛なるものとして生ききること。
そのような状態になりますと、良心の促しを行っている生命の意志の源からのご意志により、利用法の全てが与えられます。
地球の皆様、わがメリセア星へようこそ。・・全ての人達に、そして地球の全ての人たちに私は『愛の詩』をお贈りしたいと思います。
「愛は 全てが存在するために 全ての存在に与えられたものであり 愛は全てを 優しく見守り そして愛は 全ての存在に完全な形で表わします。愛する人たち そして愛する地球に 私は愛の思いを送り続けます。愛は とても素晴しく 愛を分かち合うほど
素晴らしいことはありません。宇宙の愛によって本当の愛に目覚め 愛に生きれば 宇宙も愛の喜びを与えてくれます。宇宙は愛に満たされ 皆さんの心も愛に満たされていくことを 私は強く 望みます。愛する人達が私達と共に歩んで行って頂くことを 私は強く望んでおります。」
  [2017/09/17/09:15]
児島 由美| |


[1958] 人間の想念と行動
  先日のG・アダムスキー氏の生命の科学を解説した無料講座(Ganetworkjapan.blog.jp)によると、人間の想念と行動は全て宇宙に記憶されている・・そうです。
ですから、誰も見ていないから何をやってもいいというのではなく、誰も見ていなくても自分がやったこと考えたことは念波(テレパシー)に乗って宇宙のはてまでも情報として流れているのです。それは人間に伝わるとともにアカシック・レコードとして残るのです。
宇宙創造の神が勧める霊性の高め方
洗心 Mind Purification)
いつも持つべき正しい心
強く、明るく、正しく、我を折り、宜しからぬ欲を捨て、皆仲良く、相和して、感謝の生活をなせ。
心の中からなくすべき感情
憎しみ、不満、ねたみ、疑い、そねみ、迷い、うらやみ、心配心、とがめのこころ、怒り、いらいら心、不平、せかせか心、
これまで、清い心で正しく生きなければいけないというような言い方を何度かしてきましたが、実は、精神世界というと、超能力やUFOや霊などが一人歩きをしてしまい、本質を、見失ってしまうことが、往々にしてありますので、お互いに気をつけたいものです。
(宇宙人と聖人と超人のキーワード101語録集などより)
  [2017/09/16/13:27]
児島 由美| |


[1957] 宇宙情報系
  ・・今地球は大きな変革期を迎えているということです。・・人間一人ひとりが、優良星人に昇格するのか不良星人のままでいるのか、自分で選択するのです。神様は一人でも多くの人が、昇格してくれるよういろいろなメッセージを送ってくれていますが、それが聞けない人は落第しても仕方ないでしょう。誰の責任でもない、自分自身の責任で落第していくと考えてください。落第しないためには、・・もっと重要なのは「洗心」です。
繰り返します。いつも持つべき正しい心。
新しい時代の優良星人は、決して邪なことは考えませんし、ずるく立ちまわったり、人をだましたりすることも絶対しません。・・現世で行ったことは魂に刻み込まれて、いいことはいいこととして、悪いことは悪いこととして帰ってくることを知っているのです。
(高次元科学1、2、などより)
  [2017/09/15/14:10]
児島 由美| |


[1956] 宇宙情報系
  宇宙情報系では、宇宙のすべての情報が、情報センターに瞬時に集められるように出来ています。・・光よりもはるかに速くて高度な働きを持つ念波を使えば、難なく出来てしまうのです。
・・この間、沢山の人たちが。神様の教えに従わない不良人類を様々な形で指導してきました。その指導者たちは、念波を駆使して、神様の声を伝えたり、奇跡を見せたりしながら、これまでの生き方を反省して神様の教えに従った生き方をすることの大切さを説いてきたのです。例えば、釈迦、孔子、キリストといった人たちがそうです。
・・宇宙情報系を通して、個人の生き方、考え方は習慣的に中継の神々に伝えられ、さらに情報せンター(宇宙創造の神様)まで届きます。この情報を発信するのは、人間一人ひとりについている守護神、守護霊、指導霊です。彼らは、・・その人がとういう生き方をしているのか、細大漏らさず伝えているのです。つまり、私達が考えたことは、すべてその瞬間に神様に知られてしまっているということです。心の中で思ったこと位と考えがちですが、神様はすべてをお見通しで、一人ひとりどんなことを感じ、どういう生き方をしているのかを知り、それをきちんとチェックしています。・・その人が宇宙の法則に則って正しく生きているかどうかということです。洗心ができているかどうかということです。
  [2017/09/15/13:50]
児島 由美| |


[1955] 宇宙人のお言葉
  「超巨大宇宙文明」の本で、テイアウーバ星のタオさんは、次のように述べた。
「宇宙の法則では、その人がどの惑星に住もうとも人間の基本的義務は『精神性を発達させること』にある、と決定されています。」
・・マゴッチとワイリーの話が始まった。宇宙の生活はどんなだろうかと期待していた生徒さん達の耳に入ってきた話は何と、精神性の話だった。宇宙の多くの存在達と親しく接するためには、精神性の向上が重要だと言う、その内容は、まさしく「洗心」の話そのものであった。
  [2017/09/15/03:57]
児島 由美| |


[1954] ケイシーに学ぶ幸せの法則
  (エドガー・ケイシーに学ぶ幸せの法則)光田秀監修 たま出版より)
幸いなことに真実を決める方法はあるのです。そして、真実は成長を促すものとして。建設的な態度や行動を生み出します。つまり、しっと、悪意、憎しみ、中傷することなどは真実の本当の果実ではありません。このような特性が含まれている場合には、彼らを表している人やグループ、運動は、その教義とは関係なく真実の心を失っていること。真実の心は忍耐、愛、友情を生み出します。
真実とは、品物ではないし、市場で売りものとするものでもありません。つまり、「出来る限り正直に生きているときにのみ、人は真実を知ることができる」ということです。実際には、「真実を話なさい。正直でありなさい」という一言につきるのです。
多分あなたの心には、この法則にも例外があるのではないか・・誰かの気持ちに配慮するためとか・・。しかし、長い目で見れば、真実が最高の結果を生み出すことに気が付くでしょう。正直こそ成長をもたらすのです。
  [2017/09/14/13:33]
児島 由美| |


[1953] http://2017.0016h.com
  今のウェディングドレスは「フリルが2重3重になったフリフリのお姫さまドレス」が人気らしい。
  [2017/09/13/21:11]
http://2017.0016h.com| kopilftebf@yahoo.com| http://2017.0016h.com


[1952] 悪魔(サタン)について
  先に、仏教の悪魔「魔羅」は、「殺すもの」「命を奪う者」の意味だと、述べた。キリストも「悪魔は最初から人殺しであって・・」と述べている。だから、サタン及び悪霊は、しばしば人の心に悪い思いや、憎しみ、殺人の思いなどを与える。・・するとそこに見えない霊的世界からサタンによる「誘惑」も働いてくる。サタンは人間の欲望につけこみ、人間の心に支配を広げようと謀ってくるのです。
悪魔(サタン)崇拝にはまり、おかしな精神状態になったある人は、悪魔崇拝の言葉の入ったオカルト的な音楽であるヘビメタに心酔したことがきっかけでした。悪魔は常に私達の心に悪い思いを起こさせようと、誘惑してきています。聖書に「人はそれぞれ、自分自身の欲望にひかれ、そそのかされて、誘惑に陥るのです。人間の心が悪魔の波長に同調してしまうと、あとは悪魔の思い通りになる。この死とは、魂の滅びです。」悪魔は自分の滅びが近いことを知っているので、道連れを捜しているのです。
私達は悪魔の波長に心を合わせないことが大切です。
  [2017/09/13/12:08]
児島 由美| |


[1951] 有意義な本
  故久保田八郎先生はGA(ジョージ・アダムスキー)の本をたくさん翻訳なさり、素晴らしい業績を残されました。私も読ませて戴きました。
上平剛史著「プレアデス星訪問記」(たま出版)
村田正雄著「空飛ぶ円盤と超科学」(白光出版)
も宇宙人からの教えで充実して有意義で楽しい内容です。
  [2017/09/13/11:31]
児島 由美| |


PWD:

 

home artcles letters pictures ufo bbs お問い合わせ link