ホーム ライブラリー レターズ ピクチャーズ ufo 掲示板 お問い合わせ リンク

GA Site -UFO Contactee-

bbs

過去更新記事

 ├ 2006年度
 ├ 2005年度
 ├ 2004年度
 ├ 2003年度

最新更新記事

サイト内検索



GA Site内を

新アダムスキー全集

 ├ 写 真
中央アート出版社
TEL : 03-3561-7017
E-mail :info@chuoart.co.jp
spase
GA Site BBS

 

題名:
名前: (*必須)
Mail:
URL:
Password: (必須) Use Cookie:
Message:



[1882] 宇宙人と聖人と超人のキーワード101語録集
  『宇宙人と聖人と超人のキーワード101語録集』(たま出版)定価(1200円+税)
宇宙人からのメッセージをはじめ、聖人たちの生き方、超人たちのパワフルストーリーなどを厳選・解説この1冊に凝縮した珠玉の語録集。口絵写真にシャンデリアの様なUFO、虹色のUFOなどあり、パワーを戴けると思います。健康になる情報もあります。
目次:魂のレベルアップ、わたしは金星へ行った、宇宙人ヴァルルの言葉、アダムスキー氏の宇宙法則、聖フランチェスコの讃歌、神の探求、優良星、異次元世界の研究、聖ヒルデガルドの預言、秋田の聖母、パワースポット など。
書評ありがとうございます。
「私の大好きな聖人たちの言葉がたくさんあり、一気に読み上げました。知恵の言葉に溢れる本。この本を通して、たくさんの人達が、人間として成長していく事を望み、貴女のご活躍をお祈り致します」(シスター鈴木秀子先生)
「まさにこのような本が読みたかった」(社長M先生)
「大変読み易く、心に響く内容ばかりで、本当に素晴らしい本です」(主婦Iさん)
「よくまとまっていていいですね。読みやすいですよ」(大学学長先生)
  [2017/05/26/07:18]
児島 由美| |


[1881] キリストにならって
  ☆おまえは働くために生まれてきたのにどうして安息を求めるのか。
☆慰めより、より大きな忍耐力を、楽しみより、むしろ十字架をになうことを心せよ。
☆もし霊的慰めと喜びがいつでも得られるものなら、世俗の者でもこれを受けたくない者は一人もいまい。
☆なぜなら、霊的慰めは、この世のすべての快楽や、肉の享楽にまさっているからである。
  [2017/05/25/15:43]
児島 由美| |


[1880] キリストにならって
  ☆人は行為を見るけれども、神はその意向を考慮し給う。
☆常に素行がよくとも、自分をいやしいものと思うのは、謙遜な魂のしるしである。
☆どんな被造物からも慰めを求めようと思わないのは、大いなる純潔と、内的信頼の証拠である。
☆聖パウロが言うとおり、「自分をほめる者ではなく、主のほめ給う者が、神によみせられるのである」(Uコリント20・18)
☆内的に神とともに歩み、外部のいかなるものにも心をひかれないのは、内的な人の状態である。
  [2017/05/23/07:08]
児島 由美| |


[1879] キリストにならって
  ☆おまえがほめられたからといって、より聖徳に進んだのでもなく、また、非難されたからといって、よりつまらないものになったのでもない。
☆おまえは、あるがままのおまえであって、神の御目に映る以上に、えらいものといわれるはずがないのである。
☆おまえが自分の内心がどうであるかを省察するなら、外から人がなんといおうが、それを気にしないであろう。
☆人は外面を見るけれども、神は心の中を見給う。
  [2017/05/22/13:30]
児島 由美| |


[1878] キリストにならって
  ☆真正、永遠の光栄を欲する人は、現世の光栄には見向きもしない。
☆原世的な光栄を求めるか、あるいはそれを心から軽んじない人は、天上的なものをあまり愛しないことを実証している。
☆人からほめられることや、非難されることを気にしない人は、心が非常に平穏である。
☆その人の良心が純潔であれば、すべてに満足しやすく、おだやかになりやすい。
  [2017/05/20/12:05]
児島 由美| |


[1877] キリストにならって
  ☆人間から与えられ、また受けるところの光栄は短い。
☆善人の光栄は、彼らの良心のうちにあるのであって、人々の口にあるのではない。
☆義しい人々の喜びは、神に関するものや神のうちにあり、彼らの喜びは真理に関してである。
  [2017/05/19/17:16]
児島 由美| |


[1876] キリストにならって
  ☆愛する人にとって、艱難のうちにあることを光栄とすることは、困難ではない。かような光栄は主の十字架における光栄だからである。
☆人間から与えられ、また受けるところの光栄は短い。
  [2017/05/15/19:39]
児島 由美| |


[1875] キリストにならって
  「私たちは平安のうちにある。私達の上には不幸はこない。誰が私たちに害を加えることができようか」と悪人たちが言ったとしても、それを信じるな。なぜなら、突然神の御怒りがあらわれ、彼らのなすところは無に帰し、その考えも滅びてしまうからである。
  [2017/05/14/20:01]
児島 由美| |


[1874] キリストにならって
  ☆良心的にやましいところがあると、人は常におどおどしており、安心することが出来ない。
☆良いことをしたときのほかは決して喜ぶな。
☆悪人はけっしてほんとうの喜びをもたず、内的な平安をも感じない。それで主が仰せられるとおり、「悪人には平安がない」(イザヤ48・22、57・21)のである。
  [2017/05/10/17:07]
児島 由美| |


[1873] キリストにならって
  ☆善人の光栄は、やましいところのない良心の証である。
☆おまえがやましいところのない良心をもっているなら、いつでも喜びをもつことであろう。
☆良心にやましいところのない人は、非常に多くの苦
しみを堪え忍び、また艱難のうちにあっても非常に心がさわやかである。
  [2017/05/09/08:57]
児島 由美| |


PWD:

 

home artcles letters pictures ufo bbs お問い合わせ link