ホーム ライブラリー レターズ ピクチャーズ ufo 掲示板 お問い合わせ リンク

GA Site -UFO Contactee-

bbs

過去更新記事

 ├ 2006年度
 ├ 2005年度
 ├ 2004年度
 ├ 2003年度

最新更新記事

サイト内検索



GA Site内を

新アダムスキー全集

 ├ 写 真
中央アート出版社
TEL : 03-3561-7017
E-mail :info@chuoart.co.jp
spase
GA Site BBS

 

題名:
名前: (*必須)
Mail:
URL:
Password: (必須) Use Cookie:
Message:



[2144] 天使
  ヘブライ語ではマルアーク、そしてギリシャ語ではアンゲロスであり、これは共に使者の意味です。すなわち、神の意思を伝える神の使者を天使と示します。
聖書は天使を「み使いたちはすべて仕える霊であって、救いを受け継ぐべき人々に奉仕するため、遣わされたもの」(ヘブル1・14)と述べています。
13世紀、聖フランチェスコの前にまばゆい光の6枚の翼の天使が現れました。そして、1429年ジャンヌ・ダルクの前に天使が現れ、フランス救国の啓示を示し、彼女はフランスを救いました。近年、アメリカ初代大統領ジョージ・ワシントンの前に天使が現れましたし、心理学者ユングの前にも現れました。
  [2018/06/17/16:50]
児島 由美| |


[2143] 試練
  一般的に言って、地上の人生はやがて来るべく来世への試験の期間である、という思想が背景になっています。しかし、神が与えられる試練について聖者が語るときは、神が特に選び愛する者を、その信仰を確立するための試練にあわせられるのです。イエスご自身も公生涯の最初に、荒野においてサタンの試みに合われ、父なる神への確固たる信仰を示されました。
このように、試練は神が信じる者の信仰を強めるために与えられるものです。そして、信じる者には必ず逃れる道も備えてくださいます。誘惑と試練とは、全くその目的を異にしているのです。誘惑は悪魔から出てくるものですが、試練は神から出てくるものだからです。
悪魔は、人間が神から試練を与えられるときに乗じて人を誘惑しようとします。神は、人間が悪魔から誘惑を受けるときに乗じて人を訓練しようとされます。それは、神に対する信頼を強めるためなのです。
  [2018/06/16/21:37]
児島 由美| |


[2142] 最後の審判
  (宇宙人と聖人と超人のキーワード101語録集より)
歴史の終わりに、キリストは再び地上に来て救いを完成されます。その完成の前に、神はキリストと共に最後の審判を行います。このキリストの再臨の時に、最後まで心をかたくなにして神に反逆する者(神の十戒を守らない者)は裁かれます。これがこれが魂の死、すなわち第二の死です(黙示録2・11)。
そしてその時に、全世界、全宇宙から罪が取り除かれるのです。
  [2018/06/14/16:56]
児島 由美| |


[2141] 黄金律(ゴールデンルール)
  イエスの山上の垂訓の中にある「何事でも、人々からしてほしいと望むことは人々にもその通りにせよ」(マタイ7・12)(ルカ6・31)のことです。この名称は18世紀ころになって与えられました。キリスト教倫理の根本を表しており、黄金律と訳されました。
  [2018/06/14/16:45]
児島 由美| |


[2140] 愛について
  「愛だマイケル、すべて愛に関わる。人類も惑星である。地球も大いなる愛の変動に共鳴している。愛が創造的力であり、神性への道だ。しかし、それには愛を選択しなければならない。それがあなたたちの人間の通る道だ。大いなる愛が他のどんなことより大切なのだ」
(時間のない領域へ、マイケル・ローズ著より)
  [2018/06/14/16:35]
児島 由美| |


[2139] 悪魔について
  悪魔(サタン)崇拝にはまり、おかしな精神状態になったある人は、悪魔崇拝の言葉の入ったオカルト的な音楽であるヘビメタに心酔したことがきっかけでした。悪魔は常に、私達の心に悪い思いを起こさせようと、誘惑してきています。聖書に「人はそれぞれ、自分自身の欲望にひかれ、そそのかされて誘惑に陥るのです。人間の心が悪魔の波長に同調してしまうと、あとは悪魔の思い通りになる。この死とは魂の滅びです」
悪魔は自分の滅びが近いことを知っているので、道連れ(一緒に滅びる人)を探しているのです。私達は悪魔の波長に心を合わせないことが大切です。あなたが関係しているグループなどの考え、言葉、行動が、もし神の十戒に反することであるなら、たとえどのようなきれいごとを並べようが、その源は悪魔であることが分かります。
  [2018/06/09/09:37]
児島 由美| |


[2138] 悪魔について
  悪魔はサタンとも呼ばれ悪の根源者です。離間者ともいわれます。関係を狂わし、2つの間を離し、人と人との間を裂こうとします。悪魔は人格的存在であり、神と人間との間、人と人の間を裂こうとするのです。その存在は目に見えません。
しかし、イエスは神の世界、霊の世界を見抜く力がありました。裏切りのユダに働く悪魔の働きを見抜いて知っていました。最後の晩餐の時、イエスはユダに「あなたの思っていることをしなさい」とおっしゃいました。
悪魔の起源は天使の転落したものと言われています。悪魔と悪霊の目標は、偽りを広めることにあります。しかし、悪魔は常に嘘を言うわけではありません。常に嘘ばかりついていたら、誰も悪魔を信用しませんし、悪魔にだまされたりはしません。悪魔はしばしば真実を用いながら、そこに巧みに嘘をまぜるのです。
  [2018/06/09/09:15]
児島 由美| |


[2137] 創造主の側面
  「霊的法則の中でも、一番大切なものと言えば『互いに愛し合うこと』、これが最大の法則です。各人の個性にとって、ただ一つの欠くことのできないものは、信頼できる関係において、真の愛を経験することです。それは第一に『神を愛すること』、第二に『隣人を愛すること』です。
しかも、それを行う時に永遠の命が与えられます。
この永遠の生命を得ることが人生の目的です。なぜならば、人はすべて、最後には(肉体は)死ななければならないものであるからです」
そういえば、クラリオン星人とコンタクトしているマオリッツオ・カヴァーロ氏は「神の十戒を守らないどうしようもない魂は消し去る運命である」と述べています。
  [2018/06/08/14:10]
児島 由美| |


[2136] 創造主の側面
  (シルバーパーチ最後の啓示)より
江原啓之もこの本を読んで学んだそうです。
「私達の仕事は、地上の人間に『正しい生き方』というものがあるということを教えることです。人間は責任ある存在です。正しい生き方を知らなければいけません。摂理に反したら、その責任として代償を払わないといけません」
「すべての基礎は愛です。そして、愛は大霊(創造主)の一側面です。大霊は無限なる愛です。その愛の印は、全宇宙を支配している自然法則の完璧さに表れております。完璧だからこそ宇宙全体が平衡状態を保っているのです。原因と結果の法則が、数学的正確さをもって働いており、一人ひとりのいかなる行為にも公正無比の判断が下されるようになっております。他人に近づくための行為、絆の強化、霊力の流入の実感、その結果として生まれる調和、内的輝き、静寂、平穏、泰然自若・・・大霊とのつながりの自覚です」
  [2018/06/08/13:53]
児島 由美| |


[2135] 創造神
  「私の心が、私の全存在が、耐えられないほどの歓びで満ち溢れる、自分が、またそこにいるすべての人も、大いなる愛に触れられて包まれているのだ。『あのお方だ!あのお方が来られる』群衆が歓喜するのがテレパシーで聞こえてくる。たくさんの球体で構成される膨大な集合体の中に、驚くほどたくさんの種類の純粋なエネルギーからなる巨大な存在が詰まっている。そして、それらの総体の内部に収められ、同時にまとまって唯一の、すべてを包含した存在、つまり、『あの方』になっているのだ!」
  [2018/06/07/06:12]
児島 由美| |


PWD:

 

home artcles letters pictures ufo bbs お問い合わせ link