ホーム ライブラリー レターズ ピクチャーズ ufo 掲示板 お問い合わせ リンク

GA Site -UFO Contactee-

bbs

過去更新記事

 ├ 2006年度
 ├ 2005年度
 ├ 2004年度
 ├ 2003年度

最新更新記事

サイト内検索



GA Site内を

新アダムスキー全集

 ├ 写 真
中央アート出版社
TEL : 03-3561-7017
E-mail :info@chuoart.co.jp
spase
GA Site BBS

 

題名:
名前: (*必須)
Mail:
URL:
Password: (必須) Use Cookie:
Message:



[1924] 音楽
  穏やかなクラシック音楽モーツアルトを聞かせた植物はたわわに実り、ロック音楽ヘビメタ音楽を聞かせた植物は枯れたそうです。
宇宙人は述べました。「今のロック音楽、ヘビメタ音楽といった騒々しい音楽は魂によくない。悪魔からのものである」
悪魔は自分の滅びが近いのを知っているので、滅びる道ずれを捜しているのです。
そういえば、有名なロックミュージシャンが次々病気で亡くなっていますね。
どうぞ、皆様お気をつけてください。
(宇宙人と聖人と超人のキーワード101語録集より)
  [2017/08/04/17:58]
児島 由美| |


[1923] 黄金律(無害の法則)
  ☆シーク教「私は誰にとっても見知らぬ者ではない。また。誰も私にとって見知らぬ者ではない。まさしく、私はすべての人の友なのだ」(「グル・グラント・サーヒブ英語版原初1299頁)
☆道教「隣人が得たものをあなたが得たものとみなし、隣人が失ったものをあなたが失ったものとみなしなさい」(太上感応篇213−218)
☆ウイッカ「誰も害さない限りにおいて、望むことを行え」(ウイッカの教訓)
☆ゾロアスター教「自分にとって不本意なことは何であれ、他の人にはするな」(シヤエスト・ナ・シヤエスト第13章29節)
  [2017/08/03/09:20]
児島 由美| |


[1922] 黄金律(無害の法則)
  ☆ヒンズー教「自分にとって不愉快なようなやり方で他人に振る舞ってはならない。これが 道徳の神髄である」(マハーバーラタ「教説の巻」第113章8節)
☆イスラム教「「自分で望むものを兄弟に望まないかぎり、おまえたちの誰ひとりとして信者でない」(予言書まほめっと、アンナワーウイー「40の伝承集」第13の伝承
☆ユダヤ教「他人が自分にしてほしくないことを他人にしてはならない。これが法のすべてであり、ほかはみな注釈である」(ヒレル「タルムードジャパット31a)
ネイテイブ・アメリカン「隣人を傷つけたり憎んだりしないこと、なぜなら、あなたが傷つけているのは、隣人ではなくあなた自身なのだから」(ピマ族の格言)
  [2017/08/03/04:57]
児島 由美| |


[1921] 黄金律(無害の法則)
  様々な宗教的伝統において次のように表現されている。
☆バハイ教「自分の望まない重荷を他人に果たしてはならない。(バハオラ「落穂集」第66章8節)
☆仏教「自分のために他人を害してはならない」(ゴーダマ仏陀「ウダーナヴァルガ」第5章18節)
☆儒教「己の欲せざるところは、人に施すなかれ」(孔子「論語衛霊公第15〜23)
☆キリスト教「人にしてもらいたいと思うことは何でも、あなた方も人にしなさい。これこそ律法と預言者である」(イエス新約聖書「マタイの福音」7章12節)
  [2017/08/02/08:53]
児島 由美| |


[1920] 訂正
  後輩 ではなくて 荒廃に訂正お詫びします。
  [2017/07/31/12:20]
児島 由美| |


[1919] 死海文書の預言
  ☆ヘブライ語で書かれた聖書の写本で、聖書にはない預言がある。書いたのは予言力のあったクムラン教団。
☆イスラエル国が1948年建国されるが、70年後は混乱と後輩の中にある。
☆その混乱の最後に大きな津波とさらなる戦い、破滅が待っている。
「戦いの書」では光と闇の最終戦争が。
☆すべての神の民に救いが訪れ、神の側の者たちには栄光が訪れ、サタンの側の者は絶え間ない破滅にみまわれる。
☆世の不平等が消え去り闇の子が持つ特権はすべて消えさる。
☆両軍とも天使の助けを得て戦いを続けるが、神の意志は光の子に向く。
☆世界は破滅に向かうが、同時に2人の救世主の存在も示唆。「アロンの救世主」「イスラエルの救世主」
☆一人は、失われた10支族の末裔の日本人から生まれるといわれる。(ムー等より)
  [2017/07/31/11:36]
児島 由美| |


[1918] クラリオン星人のメッセージ
  UFOコンタクテイーのマオリツオ・カヴァーロ氏を通して伝えられたこと。
☆クラリオン星人たちは、現在「ノアの方舟作戦」を実行中。
☆地球のあらゆる生命の種がクラリオン星人のアーカイブ(保管庫)に保存されている。
☆アセンションは本当に起こる。
☆アセンションとはDNAのビッグチェンジのことである。
☆アセンションで、無になる人、他の惑星に行く人、宇宙船に乗る人に分かれる。
☆木星はアセンションしきれなかった人が行く惑星になる。
☆地球は純化の作業のため一時的に誰もいなくなる。
☆地球の内部は空洞であり、今も2つの文明世界が共存している。
☆2つの文明世界とは、アガルタとシャンバラである。
☆惑星は自然の摂理によって、すべて空洞である。
☆地球の内部はマナシックの太陽によって輝いている。
☆地球内部はマグマを潤滑剤にして、逆回りの2重構造になっている。
☆空洞地球の人々もUFOを持っている。
☆空洞地球に行く出入り口は世界に100箇所ある。日本にもある。
  [2017/07/30/08:47]
児島 由美| |


[1917] 訂正
  ラーコン氏をファーコン氏に訂正お詫びします。
  [2017/07/29/09:48]
児島 由美| |


[1916] 生き方を変えるとは
  「他の惑星に住む進化した人類は、自分の前に他人が立つ場合、自分が「生ける神」の面前にいるのだというふうに意識しているのです」これは宇宙的生き方の最高の法則です。こういうふうな意識を持って(実行する)人は、必ず救われるのであって、撲滅することはないのです。(日本GAPの総会での講演より)
  [2017/07/29/09:46]
児島 由美| |


[1915] カタストロフィー(大破局)を避けるには
  アダムスキー氏の乗った「宇宙船の内部」のアダムスオーソン氏(宇宙人)との極移動に関する会話の部分で、オーソン氏は次のように述べた。
「もし人間が大変動をおこさないようにしようと思えば、他人を自分自身とみなし、自分の反映と考える必要があります」
つまり、人間が互いに争わずに、神の十戒を守り、調和して生きるように・・という意味と思われます。
ラーコン氏(宇宙人)の言葉
「人間は生き方を変えようとしない限り救われるものではないのです」
「無限なる者の法則をまじめに追求しようとする地球の少数の人々は、他人を導くように努力する必要があります」
「そうすれば、他の世界の私達もその人々を助けるつもりです」
  [2017/07/29/09:26]
児島 由美| |


PWD:

 

home artcles letters pictures ufo bbs お問い合わせ link